沖縄県の外壁塗装・屋根塗装・防水ならプロタイムズ沖縄中央店へ!

男子スタッフブログ

ちょっと勉強。

 

皆様こんにちは!

 

突然ですが。

 

どうしたら組織がより以上に上手くいくかと考えたりすることがございまして。

 

なるほどという記事がグーグルの記事にありましたので。書き留めておきます。

 

「プロジェクト・アリストテレエス」とい分析結果。

以下貼り付け。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記事の内容は、グーグル社内にあるピープルアナリティクス(人材分析)チームが発見した、生産性向上に関する研究結果です。

グーグル社内にはいろいろなプロジェクトチームがあり、他の会社と同様、チームによって生産性が高いチームとそうでないチームがあります。

そこで今回、ピープルアナリティクスチームは、生産性の高いチーム、低いチームの違いは何なのか?というテーマを研究したそうです。

世の中には、チームの生産性を扱った書籍などがたくさん出ていると思いますが、その大半は、チームの雰囲気が良くなるとか、メンバーが自主的に行動するようになる、など感性的な結論に終始しています。

一方、グーグルの研究の特異な点は、「ピープルアナリティクス」という名のとおり、目に見える数字で、何が生産性に影響を与えるのかを割り出している点です。

さて、その研究結果ですが、一般的に生産性に影響していると思われている次のような点は、実はほとんど生産性に影響を及ぼしていなかったそうです。

・カリスマリーダーがいる

・フラットなチーム編成になっている

・チームの行動規準がしっかりしている

・優秀なメンバーが集まっている

では、チームの生産性に影響を与えている要素とは何だったのか?

記事では、それを「心理的安全性」と結論付けています。

以下、記事の抜粋をご紹介させていただきます。

「プロジェクト・アリストテレスの結果から浮かび上がってきた新たな問題は、個々の人間が仕事とプライベートの顔を使い分けることの是非であったという。

もちろん公私混同はよくないが、ここで言っているのは、そういう意味ではなく、同じ一人の人間が会社では「本来の自分」を押し殺して、「仕事用の別の人格」を作り出すことの是非である。

多くの人にとって、仕事は人生の時間の大半を占める。そこで仮面を被って生きねばならないとすれば、それはあまり幸せな人生とは言えないだろう。

社員一人ひとりが会社で本来の自分を曝け出すことができること、そして、それを受け入れるための「心理的安全性」、つまり他者への心遣いや共感、理解力を醸成することが、間接的にではあるが、チームの生産性を高めることにつながる。」

要するに、皆がいつも「本来の自分」であることによって、人間同士のつながりが生まれ、それが結果としてチームの生産性向上につながるということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

張り付け以上。

 

すごく理解できるきがしました。

 

仕事用の自分をつくらずに。

 

本来の自分で。

 

心の安定がすべてだと。

 

「心理的安全性」

そのチームの心理状態が究極に安定しているかどうか。

そのチームにいて心地良いか。

それぞれが思いやりを持って相手を尊重し。

安心できる包まれたような感覚であるかどうか。

 

という事だと思います。

 

僕もいろんな事が不安になる事もあります。

「事業の不安」

「人間関係の不安」

「売上げの不安」

強がってばかりではく、誠実に自分の気持ち・考え・感情に素直でいなければと考えさせれました。

 

おわり。

人気記事

    まだデータがありません。

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら|沖縄県の屋根塗装・防水はお任せください。
お問い合わせ|沖縄県の外壁塗装・屋根塗装・防水はお任せください。
  • 無料イベントお申し込み|沖縄県の屋根塗装・防水はお任せください。
  • お問い合わせ・無料お見積もり|沖縄県の屋根塗装・防水はお任せください。
to top